ごみ、リサイクル、防災、協働、まちづくり。地域の問題に取り組むシンクタンク ダイナックス都市環境研究所

トップ » 個人情報保護方針

情報取扱についての当社の基本姿勢

平成19年7月1日
株式会社ダイナックス都市環境研究所
代表取締役 山本耕平

はじめに

当社は、当社が手がける業務の性格上、従前より情報取扱には細心の注意を払ってきたが、昨今の社会情勢、社会要求を鑑み、改めて自らの業務上の情報取扱とそのリスク管理について見直す必要があると判断した。よって、情報取扱に係る業務の一層の効率化を図るとともに、情報セキュリティについて改めて考え、その精度を向上すべく努力する。

基本姿勢

基本となる考え方

当社は、当社が手がける業務の性格上、情報取扱そのものが業務の主たる部分であることを再認識し、その効率化と情報セキュリティ精度の向上が常に求められることを改めて理解した上で、これが当社に課されたリスク管理のなかでも最重要課題に分類されるものであることを認識し、情報取扱に細心の注意払う責務を全社員が負っていること確認する。

ダイナックス都市環境研究所 情報取扱方針

【総則】
  1. 当社は、「ダイナックス都市環境研究所情報取扱方針」(以下、情報取扱方針)を策定し、情報取扱と情報セキュリティ精度の向上についての当社の基本姿勢を銘記する。
  2. 当社社員は、自らが「情報取扱者」であることを常に意識する。
  3. 当社社員は、情報取扱の適正化が、業務の効率的且つ円滑な遂行に繋がることを理解し、情報取扱の適正化に積極的に取り組む。
  4. 情報取扱者は、取り扱う情報の媒体が、電子データ、あるいは紙類文書など、様々であることを理解し、それぞれの媒体にあった適切な処理を採らねばならない。
  5. 情報取扱者は、業務に於いて取り扱う情報が、作業時点から長期にわたって保存すべきものであるのか、作業完了後速やかに処分すべきものであるのかを、適切に判断し、細則に則って、厳重に管理または処分する。
  6. 情報取扱者は、業務を通じて知り得た情報を、第三者に提供してはならない。
  7. 情報取扱方針に関して、社会通念に照らし、または社会情勢の変化に即応するため、内容の改訂が必要になったと判断される場合は、速やかに改訂する。
  8. 情報取扱方針の運用状況を把握し、より効率的に運用を進めるため、情報管理責任者を置き、全社員に対して適宜指導・報告する。
  9. 代表取締役山本耕平は、情報取扱方針に掲げる当社の基本姿勢が全社員に充分に理解され、確実に実施・遂行されていることを確認し、情報管理責任者に対し適宜指示する。
  10. 情報管理およびリスク管理に関するインシデント(ヒヤリ・ハット)があった場合は、直ちに再発防止策を講じる。
  11. 情報取扱方針の基本姿勢を業務に反映させるため、細則を定める。

宣言

ダイナックス都市環境研究所は、「ダイナックス都市環境研究所情報取扱方針」に当社の情報取扱に対する基本姿勢を銘記し、その内容を全社員が理解し、全社を挙げてその遂行に取り組むことを、ここに宣言する。